猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫と防災

災害時、猫との避難は出来るのか。避難所はどんな様子なの?

更新日:

災害時、猫との避難

災害が起こったら

大きな震災が起こった時、猫達は一体どうなってしまうのだろうか。
離ればなれなんて絶対に嫌ですよね。そんな事を考えだしてしまうと夜も眠れなくなります。
万が一は起こってほしくはないけれど、こればかりは誰にも分りません。
避難グッズの準備、避難の仕方などを想定し、いざという時パニックにならないようになりたいものですね。

震災時におけるペットの状況

猫はびっくりした時、その場に立ちすくみじっとしているかパニックになって隠れてしまうかのどちらかではないでしょうか。自宅では雷や花火の音、インターフォンの音などでもそのような行動をみせる事があります。
もし一緒に避難しなければいけない状態になった時、ペットは同行避難が望ましいでしょう。
自宅に置いていくのはそのまま離ればなれになってしまう可能性、留守中に猫が脱走してしまったり怪我をしてしまったりする可能性は大いにあります。

さて、同行避難ですが、普段散歩に出るような犬と違って想像するだけで猫は大変そうに思います。
まずは捕獲。びっくりしてパニックになっている猫をキャリーに入れるのは至難の業。しかも1対1だとなおさらでしょう。
そんな時に役立つのが洗濯ネット。洗濯ネットは猫用に大きめの物を用意しておきましょう。
災害時以外でも通院時にも使えるのでマストアイテムです。
猫をキャリーに入れたら予め準備しておいた猫の避難グッズと共に避難するのが理想です。

できれば、冷静に二人がかりで洗濯ネット、キャリーに入れる事ができればいいですね。
キャリーは猫をスムーズに入れられるようなタイプがお勧めです。
または、逃げやすいようにリュック型や肩掛けタイプも人気です。

上開けタイプ

キャリー

出典:楽天市場

軽量リュック3WAYキャリー

軽量リュック3WAYキャリー

出典:peppy

過去の災害時における避難所の猫の状況

同行避難が成功した時、実際避難所ではどのような状況になるのでしょうか。
自治体などの対応は各所違うようですが、以下の画像は過去の避難所での様子です。

2004年潟県中越大震災 ペット用テント

2004年潟県中越大震災 ペット用テント

出典:NPO法人 ANICE

益城町総合体育館芝生広場の災害用避難テント

猫カフェ店内が緊急シェルターに 熊本地震

避難所の様子 熊本地震

避難所の様子 熊本地震

出典:産経フォト

一時預かりボランティア

一時預かりボランティア

避難生活が続くと猫の体調も心配です。また、ペット可の仮設住宅にすぐに入れなかった場合など猫の行き場がなくなってしまいます。
過去の災害時ではこのポスターのようにボランティアさんが一時預かり先を斡旋してくれたり、里親を探す活動をしてくれています。
猫と少しの間でも離ればなれになるのは辛い事ですが、一刻も落ち着ける空間に移してあげる事も大事ですよね。

過去のボランティア事例

◆熊本地震避難者向けに東京都豊島区で「猫ホテル」を運営する「リフレックス」が犬の預かりを始めた。預かり代や餌代は無料。
詳細はこちら【避難されている方の愛猫をお預かりします】

◆公益社団法人北九州市獣医師会では、熊本地震で被災され、犬・猫を連れて北九州市に避難してこられた方の中で飼育場所の確保等で困っているケースについて、預かり施設を支援可能な(公社)北九州市獣医師会会員の動物病院内施設として無料で80頭まで受け入れ可能としています。
詳細はこちら【公益社団法人 北九州市獣医師会】

◆福島県にある動物救護隊にゃんだーガードさんは無償で10匹を保護すると申し出ています。
ブログ内記事はこちら【熊本の大震災で猫と共に避難されている皆さんへ】

◆熊本市動物愛護センター(同市東区小山2丁目)は、入院などが必要な避難者が安心して治療にのぞめるよう、一緒に連れている犬猫を一定期間、無償で預かる態勢を環境省の協力で整えた。施設では20~30匹を受け入れることができ、犬の訓練士や「愛玩動物飼養管理士」の資格を持つ人が世話をする。
詳細はこちら【被災者の犬猫、入院時に無償で一時預かり 熊本市動物愛護センター 熊本地震】

◆福岡県獣医師会では、会員動物病院の入院施設を一時保護施設として利用できるようなりました。
現在のところ(2016年4月15日)犬26頭、猫32頭の受け入れが可能。
フェイスブック記事はこちら【動物環境科学研究所 所長 船津敏弘

まとめ

いざ、地震がきたら想定しているようには出来ないかもしれません。ですが、シュミレーションや準備、想定しておくことは大事ですね。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫と防災

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.