猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫の為に揃えたい猫グッズ

キャットタワー必要性と利便性。購入時は慎重に

更新日:

キャットタワーの選び方

猫を飼育する環境にもよりますが、キャットタワーを設置できる場所ならば猫のストレス軽減の為にも設置してあげましょう。

キャットタワーの必要性

もし自宅にキャットタワーを置く場所があるのなら是非、猫の為に用意してあげてほしいものです。
室内飼いの猫はほとんどの場合が運動不足ではないでしょうか。重ねて去勢や避妊後の猫は太りやすい傾向にあるので運動も必要です。
猫は一日中寝ているので運動とは無縁だろうと思ってしまいがちですが、本来は木に登る動物なのです。
家の中を走り回ったりするような運動でもまぁよいでしょうが、出来れば木登りに見立てた上下運動やジャンプができる場所があれば最適です。
また、運動目的以外でも猫は高い所を好みます。外敵から逃れて高い所に安全を確保し寝床にします。
外的といっては何ですが、お宅に幼い子供がいたり、人が沢山出入りする場合手の届かない場所、避難場所があれば安心します。
それと、多頭飼いの場合、追いかけっこの後の逃げ場所だったりもします。
我が家は2匹中、1匹しか高所に登れないの(1匹は運動神経が鈍い)で、まさに「もう追いかけてこないで」という時は避難しています。

キャットタワーの利便性

キャットタワーは上下運動ができる他に色々な機能を兼ね備えています。
一つは爪とぎ。大型の物であれ、小型の物であれ多くのキャットタワーが爪とぎ一体となっています。
ロープを巻きつけたような頑丈なものが多く、これば段ボールなどで出来た爪とぎよりもはるかに頑丈で長持ちするように思います。猫がそこで爪を砥いでもたいしてゴミも出ず、角度もいい感じです。
爪研ぎ設置の理想として爪を研いだ時に安定している、高さが30センチ以上あるという2つのポイントに当てはまります。
猫はストレス発散で爪を砥いだりもするので爪とぎが一緒になっていると便利です。
そして、寝床。最上部に座面があったり、隠れ家ハウス、更にはハンモックが付いている物もあります。
高所で安心して眠れるのは猫にとってもくつろげるひと時でしょうね。
ゆらゆらハンモックは羨ましい限りです。

キャットウォークって知っていますか

キャットウォーク

出典:住宅デザイン.com

キャットタワーに並んで猫に人気があるのがキャットウォーク。キャットウォークとは高い所にある猫の通り道の事。
爪とぎや寝床こそありませんが、猫にとっては良い運動になるアトラクションです。
キャットウォーク自体は市販で販売している物はあまりなく飼い主さんが自宅に棚板を取り付けたりして手作りしている物が多いようです。
棚板はホームセンターなどで販売されており壁に穴さえ開ける覚悟さえあれば簡単に取り付けられます。
棚板を猫ちゃんが飛び移る事が出来る距離や高低差で取り付けるのがコツです。
穴だらけになるのはちょっとという方は本棚やカーテンレール、エアコンなどとコラボすれば猫はいい感じに飛び移って遊んでくれますよ。
調べてみるとキャットウォークの棚板セットと設計図を販売されている会社も!
キャットタワーも魅力的ですが、キャットウォークに挑戦してみるのもいいかもしれません。

キャットタワーは慎重に選びましょう

上記の事を踏まえてキャットタワーは是非そろえてほしい猫グッズの一つなのですが、市場には色々なキャットタワーがあります。小型のものから、天井までつくような大型のもの、ハンモック付や隠れ家ボックス付きのもの。
色目も色々。部屋に置くと結構目立つのでデザイン的にもよく検討しましょう。
そして一度買ってしまうとなかなか買い替えずらいものです。大きい物だとおそらく処分時は大型ごみ扱いでしょうか。かくいう私も長年欲しいキャットタワーがあるのですが、買い替えに踏み切れず・・・。
皆さんはそんな事にならないようよく愛猫さんと相談してみてくださいね。

まとめ

キャットタワーは運動不足、ストレス解消、爪とぎポール付きなら爪とぎといくつもの役割があります。多くて場所をとる代物ですが猫には必要なもの。是非、人にも猫にもお気に入りのキャットタワーを見つけてみてくださいね。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫の為に揃えたい猫グッズ

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.