猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫の為に揃えたい猫グッズ

猫に首輪はするもの?必要性と選び方まで

更新日:

猫の首輪、必要性と選び方

猫の首輪はどんなものがあるのでしょうか。
デザイン色々、愛猫にマッチする首輪ってどんなものでしょう

首輪の必要性

犬と違い散歩に出かけない猫はそもそも首輪をする必要性があるのでしょうか。
個人的には首輪をすると猫が窮屈ではないかなと心配になったりするのですが、やはり首輪はしておいた方が無難です。
もし猫が脱走してしまった時、そして万が一、災害が起こって離ればなれになってしまったら・・・。
首輪は飼い猫である証。出来れば首輪には飼い主の連絡先を明記しておきましょう。
脱走してしまい迷子になった末、保健所送りになってしまったら最悪の場合殺処分という結末もあるのです。
想像しただけでも悲しく恐ろしい結末です。
そんな事にならない為にも多少猫にとって窮屈でも首輪には慣れさせておく方がよいでしょう。

首輪を危険視する声も

首輪は「飼い猫の証」という意味合いから必要性があるとは思いますが、一方で首輪の危険性を指摘する声もあります。
今では多くの首輪がセーフティアジャスターといって強い力で引っ張ると外れる物になっています。
しかしセーフティアジャスター付きの首輪がそれほど普及していなかった時でしょうか、猫の首輪が引っ掛かり窒息死してしまったという事故も報告されています。
また、災害時に飼い主と離ればなれになってしまった猫は飢えて痩せてしまい首輪がたすき状になり裂傷を負う猫がいたとも聞きます。
猫は毛づくろいをする動物です。首周りを毛づくろいしている時に誤って顎に首輪が挟まり猿ぐつわのようになる事もあります。
私も猫に首輪はなるべく付けるようにはしているのですが、現に猫の首輪が窓のハンドルに引っ掛かり首吊り状態になった事があります。
幸い目の前での出来事ですぐに助ける事はできたのですがひやりとしました。
そして、猿ぐつわ状態も何度か体験があります。一度は猫がいた場所に血がついていたのでびっくりしました。
アジャスター付きの首輪でもこんな事があるので首輪には用心しなければなりません。

首輪の選び方

猫の首輪、必要性と選び方

さて、首輪の危険性も十分理解した上で首輪を選ぶ必要があります。以下、個人的主観が含まれますが悪しからず・・・。
首輪は「かわいい」「おしゃれ」などという飼い主本位で選ぶのではなく、猫にとって安全か、日常生活を送る上で猫の邪魔にならないかを考えて選ばなければなりません。
まず第一にセーフティアジャスターは必須です。今では多くの商品に標準仕様になっていますが必ず確認してから購入しましょう。
首輪によっては大げさなリボンが付いたものや、襟付き、大きなチャーム付きなどがありますが猫にとって必要なのかとちょっと疑問に思ってしまいます。
我が家の猫は少しアレルギーの兆候があるので首輪をつけるといつもより痒がる事もあり、なるべく細くてシンプルなものにしています。
鈴付きを付けていた事もありますが、これもよし悪し。鈴の音でどこにいるかわかるし、脱走した?なんて自体でも鈴の音で室内にいる事が確認できます。一方で夜中や明け方に猫運動会が始まる時は「うるさい」の一言です。
結局猫も動く度に音がなったら嫌かなと思い鈴付きは却下になりました。
首輪のデザインはアレルギーの有無に関わらず四六時中首に付けている物、猫はきっとシンプルな首輪を望んでいるのではないでしょうか。

猫の安全の為に

先に述べたように首輪は本来迷子になった時、戻ってこられるように用心して付けるのが本当の目的だと思います。首輪になれていない猫には、首輪をつけている事自体がストレスの猫もいます。
猫を仔猫時代から飼う場合はなるべく小さい内から首輪に慣れさせるのが得策です。
なかなか首輪を受け入れてくれない猫さんも短時間からごくシンプルな首輪をチョイスして慣らしていきましょう。
安全面さえクリアであれば付けておくのが安心です。

まとめ

猫グッズのサイトを見ていると色とりどりの首輪がありワクワクしてしまいますが、我が家の場合肝心な猫達は首輪が大嫌いです。小さい時から付けておけば良かったと思っても時すでに遅し。首輪付ける派の皆さんは是非仔猫の頃から慣れさせてあげるのがお勧めです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫の為に揃えたい猫グッズ

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.