猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫のおもちゃ

猫と遊ぶことのススメ。おもちゃや猫との遊び方は?(概要)

更新日:

猫のおもちゃ

ペットを飼った時、ペットグッズを揃えるのも楽しみの一つですよね。
犬と比べて猫グッズは正直少ないように思えるのですが、その中でも猫が夢中になるおもちゃをご紹介してみたいと思います。

猫と遊ぶススメ

猫の事を良く知らない人は猫のおもちゃと聞いて不思議に思うかもしれません。
猫はそもそも遊ぶのか、そして人間が遊んでやらなければいけないのかなんて疑問がわくかもしれませんね。
猫は本来狩猟をしていた生き物です。
ネズミやすずめなどすばしっこく動くものや、虫のようなひらひら、パタパタと動くものに反応します。
食べる物に不自由しない室内で生活している猫でもこのような獲物に反応する狩猟本能は残っているのです。
ハンターとしての猫の欲求を満たす為にも猫を遊ばせる事は猫のストレス発散にもなるのです。

また、生まれてからお母さんや兄弟がいる環境で育つ猫は、兄弟猫とじゃれあったり追いかけっこをしながら遊んで成長していきます。
兄弟猫がいない場合はお母さん猫がその相手を担うそうです。
このような事で社会性も身についていきます。
猫は一人でも遊ぶ事ができますが、一匹で飼っている場合は上記の事からも極力飼い主さんが母猫の役割を担うのがいいと思います。

そしてなにより猫が遊ぶ姿は見ていて飽きません。
物陰からじっと狙っている姿、姿勢を低くしておしりをふりふりしている姿は猫特有かもしれません。
また、こんなにジャンプできるのかとびっくりする位のジャンプ力も見せてくれます。

猫が興味を示すもの

猫のおもちゃ(概要)

そもそも、猫はどんな物に興味を示すのでしょう?
猫は本来狩猟本能が備わっているので、スズメやパタパタと飛び回るものに興味を示します。
猫は遊ぶのが大好きなのでこの狩猟本能を利用すればヒモ一本でも夢中になって遊ぶ事ができるのです。

さてこの狩猟本能を取り入れたおもちゃは沢山あります。
市販のおもちゃで一番人気なのは通称「カシャカシャブンブン」スティックの先にリボンが付いていて軽く振るとカシャカシャ、大きく振り回すとぶんぶんと音がなります。
猫じゃらしや羽が付いたものも定番でしょう。
価格も300円位でペットショップはもちろん、スーパーのキャットフード売り場なんかでも手に入れる事ができます。

ネズミのおもちゃも人気ですね。親指サイズのちっちゃいネズミが50円位で販売されています。
マタタビが中に入っているものやキャットニップなんかもあります。
また、おもちゃは市販品ではなく、自宅にある物でも簡単に用意できます。
例えば、スーパーの袋や新聞紙を丸めて投げてみたり、段ボールハウスを作ってかくれんぼ出来るようにしてみたり。真っ暗にしてペンライトで壁に光を当てるだけでもとっても喜んだりするのです。

運動不足にも

仔猫の時期から飼い始めると毎日がかわいくて、ちょっとした物でも興味を示し、疲れて寝落ちするまで一人で遊んでいます。
この頃は飼い主側も仔猫と暮らすのが楽しくてひたすら相手をしてしまいます。
経験上、猫も3歳位まではたわいもない事でよく遊びます。
昨今、猫の肥満も問題視されているので、室内飼いの猫の場合は運動不足で肥満にならないようにある程度工夫をしてやらなければなりません。
その一つとして、よく遊ぶおもちゃを用意する事ではないでしょうか。
猫が生きていく上でどうしてもおもちゃが無いと・・・という訳ではありませんが、猫の健康の為、ストレス軽減の為、そしてなにより飼い主とのスキンシップの為、かわいい愛猫の為におもちゃを用意してあげましょう!

<補足>猫に遊んでもらうには

「猫と遊んであげる」と上から目線で書いてきましたが、肝心の猫が遊んでくれなくては折角おもちゃを買ってきたところで意味がありません。
猫は気まぐれなのでほうっておいてほしい時が多々あります。
猫が自分から寄ってきたり、ハッスルしている時に遊んであげましょう。
明け方に起こされて困る飼い主さんは夜寝る前に遊びを交えて運動させてあげるとぐっすり眠ってくれるかもしれませんね。

まとめ

猫との遊びは良いスキンシップにもなります。猫との距離を縮めたい飼い主さんは沢山遊んであげるのが一番の方法です。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫のおもちゃ

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.