猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫との出会い方

沢山の猫が待っている!里親募集のサイトで運命の猫を見つけて里親になる。

更新日:

里親サイトから猫を探す

猫を飼いたい!と思った時には是非、里親になるという事を検討してみてください。
暖かいおうちを探している猫さんは沢山います。そんな猫達と出会えるのが里親サイトです。

里親とは

日本には殺処分という制度があり行き場のない猫や犬が毎日何匹もガス室で殺処分されています。
そんな猫や犬を救う為、熱心なボランティアさんや心優しい方達が本当の家族が見つかるまでの間預かって育ててくれているのです。そんな猫達を引き取って自分の家の子にするのが里親です。

里親になる為には

保健所から救い出された子や、捨て猫、野良猫、またその野良猫が産んだ仔猫などなど様々な理由で行き場のない猫はいます。そんな子達を保護しているボランティア団体さんも沢山あります。
また、個人でも保護したけれども何らかの理由で飼えない人もいます。
そんな猫達の里親を募集しているのが里親サイトです。インターネットで「里親 猫」のキーワードで検索すれば沢山の里親掲示板があります。有名なところでは「いつでも里親募集中」や「ぺっとのおうち」などがあります。どちらも猫の写真がよくわかり、保護時の状況や健康状態など細かく記載されています。気になる猫さんがいたら連絡してみましょう。

里親の条件

沢山の猫が待っている!里親募集のサイトで運命の猫を見つけて里親になる。

おうちを探している猫が山ほどいる。それでは誰でも里親になりたいと言えばなれるのか。
答えはNOなのです。里親を募集しているといえども自分の子のように大事に育てている猫です。
いい加減な人には簡単に渡せないのです。昨今では猫を虐待する為に引き取る里親詐欺という猫好きには考えられないような人もいます。保護側もとても慎重になっています。
大前提として終生大事に面倒を見られるのかが問われます。結婚や引越などを機に安易に手放してしまう人、男性の一人暮らしや幼い子供のいるおうちなどは断られる場合があります。
皆、猫を第一に考えて一生懸命なのです。幸せな猫ちゃんが一匹でも多く誕生しますように。

里親になる時の費用

猫を保護しているボランティアさんは、不幸な猫を救う為に自分の貯金を削ってまでも医療費やフード、その他諸々の費用を捻出しています。
規模の大きいボランティア団体などは寄付を募っている事もありますが、動物の医療費は計り知れません。
譲り受ける先にもよりますが、里親になる際には費用がかかる事があります。
私がボランティアさんから実際に譲り受けた時にお支払いしたのは、すでに避妊手術済だったのでその際の医療費でした。たしか3万円くらいだったように思います。
ペットショップで猫を飼う事に比べたら3万円なんて安いものです。
里親になる時、必要費用を請求されたら感謝を込めてお支払いしましょう。

里親サイトでも出会えるあの猫達

里親サイトでも出会えるあの猫達

おうちを探している猫さんはミックス(雑種)だけではありません。
人気のあるアメリカンショートヘアやマンチカン、スコティッシュなどもおうちを探している事があります。
ブリーダー崩壊や、ブリーダーの廃業などから保護されてきた人気の猫種達もいるのです。
ペットショップでしか出会えないと思われがちな猫達ですが、探せば必ず望む猫はいるのではないかと思います。
偏見や既成概念を捨て里親サイトも覗いてみてほしいと思います。

里親サイトで猫を迎える流れ

実際にボランティア団体さんから猫を譲り受けたいと思う方は是非積極的に動いてみてください。
気になる猫ちゃんやボランティア団体さんを見つけたらコンタクトを取って猫ちゃんに会いに行ってください。
私の場合も先住猫の相棒を迎えたくてあるボランティア団体さんを訪問しました。
そこはマンションの一室で保護主さんと猫ちゃん20匹くらいが暮らしていました。
授業参観と称したお見合い会を開催されていて、気になる猫ちゃんを探せます。
里親になりたい猫ちゃんが決まったらその場で受け渡しではなく、後日誓約書の記入、必要経費のお支払い、そして最終的に猫の譲渡となります。
譲渡の際も自宅までお届けになります。これにも意味があり猫が幸せに暮らせる生活環境かを見極める為です。
折角幸せになる為に保護された猫、慎重に慎重を重ねての譲渡となるのです。

まとめ

サイトを探せば多くの里親サイトがあります。写真や情報だけではわからないこともあります。もし保護場所に直接訪ねる事が出来るのであれば是非足を運んでみてください。運命の出会いがあるかもしれません。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫との出会い方

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.