猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

ライフステージ ペットロス 猫マンガ・猫雑誌

苦しくなったら、この本を読んでみて。ペットロスを和らげてくれる書籍の数々。

更新日:

ペットロスから立ち直る時に役立つ本

虹の橋―Rainbow Bridge

虹の橋―Rainbow Bridge

出典:Amazon

≪内容≫
愛するペットとの別れは、永遠ではありません――
あの子に「また会いたい」という願いは、いつか、必ずかなうのです。インターネット上で世界中の人々から支持されている、作者不詳の詩「虹の橋」が、葉祥明氏による絵で、美しい絵本になりました。 すべてのペットを愛する人、ペットロスに悩む人に捧げる一冊です。(引用)Amazon 

永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと

永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと

出典:Amazon

≪内容≫
動物と話ができる世界的なアニマル・コミュニケーターが書きました。
生きる意味、死んだその先のこと、動物とあなたの出会いの必然など、動物の言葉とは思えない、気づきに溢れる内容です。
自宅で出来るアニマル・コミュニケーションのやり方も紹介。
(引用)Amazon 

ペットたちは死後も生きている

ペットたちは死後も生きている

出典:Amazon

≪内容≫
動物たちにも死後の世界がある。
愛するペットを失った人たちに贈る、世界でただ一冊のほんとうの癒しの書――
本書は、 イギリスで約半世紀にわたって愛読されてきた、ペットたちの死後の生が語られたもっとも有名なエピソード集です。ペット関係の本ではこれまでほとんど書かれてこなかった、「魂」になったペットたちと飼い主たちとの、不思議で感動的な物語がいっぱい。(引用)Amazon 

ありがとう。また逢えるよね。ペットロス 心の相談室

ありがとう。また逢えるよね。ペットロス 心の相談室

出典:Amazon

≪内容≫
動物が好きでペット霊園を設立した僧侶が、ペットを失い悲しみの中にいる人たちに向けて語る優しく深い言葉とお話。2008年に四季社より発行され、ペットロス体験者の心を癒す静かなロングセラーとなりながら入手できなくなった同題名の単行本を新装、復刊。ペットを失った人にはもちろん、いまペットを飼っている人にも深い共感が伝わる1冊。(引用)
Amazon
 

ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議

ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議

出典:Amazon

≪内容≫
動物保護の現場で聴いた死に逝く動物たちの言葉なき声。自身も体験したペットロスの辛さと周囲との関係。僧侶となってから思う、人と動物の出会いと別れの意味……。

「走ってこそ犬、自由でこそ猫」――。フリーの仕事をしながら、愛犬のシベリアンハスキーと毎週のように一緒に山や川、高原にキャンプで寝泊まりするそんな幸せな時が12年近く。
いつしか愛犬も病気と年老いて、付きっきりの介護の日々に変わり、やがて天に送り返す。
ペットロスとペットロスからの立ち直りも経験した著者は、心理学を勉強して、亡きペットの声に導かれるかのように仏門に入り、捨てられた動物たちの保護活動に携わるようになっていた。
それまでに体験したことから、ペットとの別れ方と供養の仕方、ペットロスへの対応など、独自の視点で語っていく。
軽快な文章で笑いを混ぜながらも、様々な場面で聴こえて来るペットたちの言葉なき声は、涙なしでは読めないだろう。(引用)
Amazon
 

続 ペットがあなたを選んだ理由―なぜ、ペットを失う苦しみがあるのか?

続 ペットがあなたを選んだ理由―なぜ、ペットを失う苦しみがあるのか?

出典:Amazon

≪内容≫
もう一度だけあの子に会いたいと願うあなたに贈る 天からもらった宝物は天に返すとききがくる。
あなたの元に来て渡してくれた命のバトンペットとの別れの苦しみはまた別の世界への扉を開く元気だったペットからは人生の喜びと輝きを学ぶペットを天に送るときは刹那や諦観、悟りにふれる。そういう人生の深淵の中で人は共感や優しさを身につけていく。(引用)Amazon  

虹の橋

虹の橋

出典:Amazon

≪内容≫
『虹の橋』は原作者不詳のまま語り継がれてきた英語詩です。ペットロス症候群の人達が読んで心を癒され、インターネットを通じて世界中に広まっています。本書は『虹の橋』を絵本として独自に表現し、新たな感動を皆様にお贈り致します。(引用)
Amazon
 

ねこたちのてんごく

ねこたちのてんごく

出典:Amazon

≪内容≫
猫は死んでしまった後にどこにいくの?猫たちもやはり天国へとむかいます。天国の猫たちは神様や天使たちに優しく、大切にされます。そして時々昔暮らしていたい家や人のことを思い出すのです。
猫を愛する全ての人たちに贈る、癒しの絵本。(引用)
Amazon

さよなら、ちょうじろう。

さよなら、ちょうじろう。

出典:Amazon

≪内容≫
――いつか必ず来るそのときは悲しいだけではありませんでした――
出会いはふとした瞬間。でも、出会いがあれば必ず別れはやってきます。
もっと長く一緒にいたい。
もっと幸せでいてほしい。
たったそれだけを願う、切ない日々。
愛猫にとって、そしてもちろん飼い主にとって、どのような「最期」が幸せなのか。
まるで本当の息子、いや、簡単に表現できないような、子どもでもあり、恋人でもあり、親友でもあり、家族でもある、不思議で、心から大切な「愛のかたまり」と共に過ごした日々と、そのときまでの大切な記録を静かに、温かく綴ります。
別れをすでに経験した人も、これから経験するかもしれない人も必読のイラストエッセイです。
(引用)Amazon

さよならの合図 ペットロスから再び笑顔を取り戻すまでの90日間<さよならの合図

さよならの合図 ペットロスから再び笑顔を取り戻すまでの90日間<さよならの合図

出典:Amazon

≪内容≫
いつかやってきてしまう愛犬との別れ。立ちはだかる悲しみの壁をどやって乗り越えればいいの?15年間連れ添った愛犬エルザが旅立ってしまった…。後悔と自責の念さいなまれ、ペットロスに苦しむ私を救ってくだのは、作者不詳の詩「虹の橋」とエルザとの楽しい思い出の数々でした。思い出が心に同化したとき、きっと再び笑顔になれる。何かを失い、凍てついた心を抱えこんでいる全ての人々に贈る、喪失と希望の感動の物語です。(引用)Amazon

まとめ

愛猫の死に、どうしようもなく気持ちが立ち直れない時、現実を受け止められない時。虹の橋の存在を知り、少しは気持ちが落ち着いたものです。ここで紹介した作品に触れてみると楽になるかもしれません。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-ライフステージ, ペットロス, 猫マンガ・猫雑誌

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.