猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫の食事

猫の食事(概要)

更新日:

猫に食事を用意する際、定番はキャットフード売り場に並ぶドライタイプの物、通称カリカリや缶詰に入ったウェットタイプの物、また、パウチに入ったスープタイプのものなどがありますね。一口にキャットフードといっても種類が沢山あって何を選んで与えたらよいか迷ってしまいますね。愛猫にあったキャットフード、また反対に気をつけておくべきことなどのポイントを押さえておきましょう

猫が食べるもの

ざっくりしたテーマですが、キャットフード以外で猫が好きなものは?そうもちろん、魚です。
スーパーの袋に魚を忍ばせて帰ってきた日にはかすかな臭いを嗅ぎつけて袋に頭を突っ込んできます。
そして焼き魚なんてした日には大騒ぎです。昔は猫まんまという言葉がある通りあまり物のご飯に煮干しなんかを載せて猫にあげていたものですが、今考えると恐ろしいことです。人間の食べるものは猫にとっては塩分が多すぎてとてもあげられるものではないのです。
近年のペットブーム、犬なら犬用のスイーツやバースデーケーキなんていうのもあるくらいです。
猫は犬ほど食に執着がないので猫用スイーツなどはあまり聞いた事がないのですが、それでも家族同然の猫にあげるご飯は慎重になっています。
少しお高めのキャットフードには無添加、自然食品などをうたったものもあります。
療法食とまではいかなくても、猫の身体の悩みや特徴(完全室内飼いかどうか、肥満気味であるか、食に対してむらがあるか、胃腸が弱いか)に合わせてフードを選ぶ事もできます。
特に現代では完全室内飼いの猫が多い為、運動不足や糞便の臭い軽減を特徴にしたフードも多いようです。
猫は多くは食べませんがグルメです。その為、一度味付けが濃い美味しいフードを与えてしまうと、なかなかナチュラル志向の物は嫌がります。
基本は薄味の身体によい物を与えて、たまにご褒美や気分転換で味付けの濃い物をあげるとよいでしょう。
かわいい愛猫の為に欲しがるものはすべて与えてあげたいと思ってしまうのですが、猫にとって健康でいられるものをよく知り与えてあげるのが飼い主の努めなのです。

猫の食事の注意点

猫は汗をかくことが出来ないので、余分な塩分を体外に出す事ができません。その為、人間と同じような物(塩分の濃い物、甘い物)を与えてしまうと様々な病気の原因となってしまうのです。猫の健康と長生きの為にはバランスのとれたキャットフードを選び与えるのが望ましいですね。
また、離乳期、成猫期、高齢期と食事の内容も変化していきます。大抵の猫のフードに体重別のフードの供給量が記載されています。
少々手間ではありますが、毎朝一日の供給量を量り小分けにして食べきるという方法をすると猫の食事管理がしやすいです。
もし、食べが悪い、痩せてきたという状況になってもこの方法だとすぐに気づく事ができ早期発見ができるのです。

成猫期であっても腎臓疾患や糖尿病などを患ってしまうと疾患に合わせた療法食を与える必要があります。
ちなみに療法食は動物病院での診察の元、獣医さんとの相談により処方されます。
web等で購入する事は可能ですが、通院している猫さんは都度獣医さんと話し合って進めていく方がよいでしょう。
くれぐれも勝手な判断で療法食をあげるのは危険です。

まとめ

キャットフード売り場に行くと主食のキャットフードはウェットフード(猫缶やパウチ)やドライフードの他におやつ的なささみやカツオなども数多く並んでいます。魚の素材もそれぞれで、かつお、鮭、舌平目・・・等いったいうちの猫はなんの魚が好きなんだろう?と考えこんでしまいます。
そしてこれらはいつどのようなタイミングで与えるのかなど迷ってしまいますね。
最も大事な食についてはじっくり考えて与えていきたいものです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫の食事

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.