猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

未分類

石田ゆりこさんのInstagram猫用アカウントに癒される。

更新日:

女優の石田ゆり子さん。現在(2018.2)、4匹の猫ちゃんと1匹のわんちゃんと暮らしておられます。石田ゆり子さんのインスタは動物愛で溢れていて見ているこちらも穏やかな気持ちになり更新が待ち遠しくなります。動物好きな皆さまにもおススメしたい石田ゆり子さんのInstagramご紹介したいと思います。

猫用アカウントI「@snowhoney3ohagi」とは

そもそも石田ゆり子さんはご自身の公式アカウントのInstagramをお持ちでした。それがこちらのアカウント「yuriyuri1003」。こちらには日々のお仕事の話やプライベートな日常の話題などを綴られていた訳ですが、次第に猫まみれに・・・。「猫だらけのこのアカウントに
自分でも危機感を…」と新たに動物達専用のアカウント「@snowhoney3ohagi」が作られたのです。

石田ゆり子さんちの猫事情

動物愛に溢れる石田ゆり子さん。今のメンバーの前にも先代メンバーがおられた訳で今回、この紹介記事を書くに辺り石田家の動物メンバーを把握するべく先代メンバーの変遷をまとめてみました。

◎花ちゃん(犬)
ゆり子さんが初めて迎えたラブラドールレトリバーの花ちゃん。2014年4月1日、12歳と10カ月で虹の橋へ

出典:ほぼ日刊イトイ新聞

◎ビスク(猫) 
 ゆり子さんと16年間暮らしたチンチラのビスク先輩。2017年3月25日虹の橋へ。

View this post on Instagram

わたしの相棒 その1 ビスク15歳 ♂

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 -

◎アンジェ(猫) 詳細は公表されていませんが天寿を全うし虹の橋へ
◎メイ(猫)  詳細は公表されていませんが天寿を全うし虹の橋へ
◎ミント(猫)  詳細は公表されていませんが天寿を全うし虹の橋へ

出典:ほぼ日刊イトイ新聞

犬1匹、猫4匹の生活がインスタやほぼ日刊イトイ新聞などで語られているゆり子さんの動物遍歴の始まり。このメンバーから現在、「@snowhoney3ohagi」で登場するメンバーに移り変わっていきます。現在のメンバーはこちら・・・・。

◎雪(犬)
2014年8月生まれのゴールデンレトリバーの女の子。

◎はにお・たび(猫 兄弟)
生後一週間くらいのころお母さん猫が育児をできなくなり、路頭に迷っているところをゆり子さんに引き取られる。

◎はっち・みっつ
動物病院で保護されていた立ち耳のスコティッシュ兄弟。葛藤しながらもゆり子さんちの子に迎えられる。

石田ゆり子さんの動物愛

動物と一緒に映るショットを投稿する芸能人は沢山いらっしゃいますが、石田ゆり子さんは動物愛がひしひしと感じられ、しかも文章が読みやすく面白いというのが一番の魅力ではないでしょうか。

ほぼ日刊イトイ新聞で「はなちゃんの夏休み」(2010/07/20~2010/08/31)を連載。こちらは糸井重里さんの愛犬・ブイヨンとはなちゃんが交換日記形式での読み物。はなちゃん目線の文章ですが、筆者はもちろんゆり子さん。
このシリーズは・・・・
「はなちゃんの夏休み 冬編」(2010/12/20~2011/01/20)
「はなちゃんの夏休み」(2011/7/27~2011/08/31)
「はなちゃんの夏休み。(ほんとの夏編)」2011年07月21~2011年08月31日
「はなちゃんの冬休み。やっとわかった編」(2011/12/20~2012/01/20)
「はなちゃんの夏休み。 はやいほう」(2012/7/18~2012/7/31)
「はなちゃんの夏休み。 おそいほう」(2012/8/20~2012/9/4)
「はなちゃんの冬休み。まとまりきねん」(2013/1/15~2013/2/1)
「はなちゃんの夏休み。2013」(2013/7/23~2013/7/25)
「はなちゃんの秋休み。2013」(2013/11/28~2013/12/10)
「はなちゃんの冬休み。2013」(2013/12/20~2014/1/10)
「花のこと」

この日記を見つけてしまってから一気に読んでしまう事、一時間超。ニヤニヤしてしまったり、切なくて泣けてしまったり・・・。動物と暮らしていると避けられない「自分より先に逝ってしまう子達」のその時を案じてしまう事。それと同時に自分がしっかりしなくては、精神面しかり経済面しかり。そんな事を赤裸々に上手に文章にされています。共感共感なのです。

まさに共感できる文章がこちら。少し長いですが引用させて頂きました。

仕事に向かうとき、ボールをくわえたまま、
お見送りしてくれる花の顔をみていると
今日も早く帰らなくてはと焦ります。

自分の中では、花がひとりで
(実際は猫たちがいますが)
留守番出来る時間、を何時間、と決めて
(10時間くらいが限度かなと思っています)
それ以上になるときは、
花が子供のころお世話になった、
訓練士さんのお宅に預けたりしています。

あとは、撮影の空き時間や、ちょっとした隙間に、
散歩やごはんや、トイレのためだけに
帰ったりすることも度々。
そのたびに、大喜びされて、
再び家を出るのが辛いのですが・・。

私の仕事柄、ある程度の自由がきくところと
まったく自由がないところの板挟みではありますが、
でも
スケジュールをある程度は自分で管理できるので、
なんとかなっている感じなのです。
周りの協力も絶対に必要ですし・・・。

とにかく病気にならないで、という思いから、
私はしつこく毎日、彼らの体をチェックします。
重さや、顔つき、体中を触って、
異状がないかチェックする。
ごはんのたべっぷり、便の具合、
ちゃんと眠れているかどうか。

ストレスは病気のもとなので
基本的に彼らが嫌がることはしません。
たとえば猫のミントは、
毛があまりにも細くて柔らかくて、
すぐに毛玉になってしまうのですが、
これを取ることをものすごく嫌がるのです。
しかし、取らねばどんどんレゲエ猫になってしまうので、
寝ている間に静かに…私は毛玉を取る。
気が付いて、嫌がったらすぐやめる・・。
そのくりかえし。

気をつけてみていれば、
ほんの小さな変化に絶対気が付くものです。
みていてあげること。ちゃんと。
おかしいと思ったらすぐ病院。

ちゃんとみること、にだけは気をつけているのです。

あとは、自分が病気にならないこと・・。
私が倒れたらみんな共倒れです。

「ほぼ日刊イトイ新聞」より抜粋

筆者のお気に入り集

さて、ほぼ毎日のように投稿される石田家のファミリー達。どの写真も愛らしくて癒されるのですが、なかでもニヤニヤしてしまう3選を勝手に紹介してみたいと思います。

「2019年2月6日」はにちゃんが歌ったり、しゃべったりするシリーズ。「どんどんぱ」聞いてみて下さい。

「2018年8月14日」もはやどの猫さんか判別不能ですが安心仕切って眠る姿。平和です。

「2018年4月21日」雪ちゃんとのショット。心と心がつながっているのが伝わってくるショットです。

まとめ

石田ゆり子さんといえば名の知れた女優さん。なのに動物たちを被写体にしているとは言え、そんなにご自宅を映していいのかと思ってしまうほど赤裸々にアップされています。宣伝ばかりではなく、かっこつけずそのままの石田ゆり子さん。それがインスタのフォロワー646千人が魅了されるのではないでしょうか。私もフォロワーの1人として雪ちゃん、はにたび兄弟、はちみつ兄弟の成長を見守っていきたいと思います。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-未分類

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2021 All Rights Reserved.