猫まみれの猫サイト

にゃんてな | 猫ブログ

猫との暮らし

猫の快適な空間とは。猫の為に自宅を猫仕様にしてあげよう!

更新日:

猫の快適な空間とは

家族同然の猫、折角一緒に暮らすなら快適な空間にしてあげたいですね。
猫が喜ぶ快適住環境とはどんなものでしょうか

高所の確保

キャットウォーク

中には猫と暮らす為にリフォームしたり注文住宅にする人もいますね。
そんな住宅に必須なのが高所で遊んだりくつろげる場所を作る事。天井まで続くキャットウォークがあったり空中を歩く事ができるように工夫がしてあったりします。
猫ちゃんにとっては夢のようなおうちですね。
高さのあるキャットタワーもいいですし、中には冷蔵庫や食器棚の上が定位置の猫もいます。
またちょっとした工夫やDIYで例えワンルームでも出来る事は沢山あります。
ちなみに我が家では数年前にホームセンターで棚受けと木製のボードを組み合わせ天井近くに取り付けた事があります。初めは見向きもしませんでしたが今では猫同志で追いかけっこをした時の避難場所や一人になりたい時のくつろぎ場所に使っているのを見かけます。
そして、偶然にもそこからカーテンレールをつたいエアコンの上に乗ったりと猫なりに移動して楽しんでいるようです。棚受けなんて壁に穴が開くのはちょっとと思われる方は本だなやカラーボックスを組み合わせて高所を作ってみるのもおススメです。棚の中には物をぎっしりいれず、猫がくつろげる場所をあけてあげたり猫ベッドを置くのもいいですね。

安全な場所の確保

猫は静かで狭い空間を好みます。これは昔猫が外敵から身を守る為狭い穴倉で暮らしていたことに起因します。特に小さい子どもがいたり、来客が多い家は隠れられる場所を用意してあげた方がいいでしょう。多頭飼いや犬などの他の動物と同居する場合もしかりです。
安全な場所といっても特別な物ではなく一番おすすめは猫だけしか登れないキャットタワー。人間や犬などが届かいというのも一つですし、猫が高所から周りを見渡せるという利点もあります。そして高所ではなくても押入れの一角やソファやベッドの下など隠れられる場所でも十分なのです。また、そのような場所に猫ベッドやかご、段ボールを置いてやれば猫のお気に入りの寝床になります。

フローリングには滑り止めを

昨今の住宅はフローリングのお宅が多いと思いますが、実はこれ猫や犬の身体に負担がかかっているのです。
フローリングは滑りやすく追いかけっこして走りまわったり、高いところから飛び降りたりと体全体、特に脚や腰を使って動きます。
急な方向転換や走る時、ジャンプする時、滑りやすいと当然踏ん張りがきかず足腰に負担が掛かってしまいます。
猫の身体の事を考えるならリビングなどにはカーペットやラグを敷くのがお勧めです。
また、上記の事から猫を遊ばせる時にはフローリング以外の場所がいいと言えますね。
とはいえ、全てのフローリングにカーペットを敷くのは難しい話。そんな時には滑り止め仕様のワックスがあります。

【アサヒペン ペットと暮らす床用高級樹脂ワックス 500ML】

アサヒペン ペットと暮らす床用高級樹脂ワックス 500ML●犬や猫などのスリップを軽減します。
●ペットのおしっこや洗剤がかかっても白くなりにくく、剥がれにくい。
●ペットの爪キズ、ひっかきキズに強い。
●抗菌剤を配合しているので、床を清潔に保ちます。
●ワックスをきれいに塗るための専用スポンジ付。

出典:アサヒペン

普通のワックスではより滑りやすくなり猫には負担なので、このような滑り止めワックスの方がいいですね。

猫の快適空間には広さは関係ない?

最近は独身や一人暮らしの人でも猫を飼う人が増えてきました。
私の周りでも1ルームで猫を1匹ならず2匹飼っている人が何人かいます。
1ルームで2匹・・・・。お節介にも想像してみるとなんだか猫がかわいそうと思うのですが猫にとってはそうでもないようです。
猫はもともと狭い穴倉に住んでいたので狭さは気にならないようです。ただし高さは必要。
キャットタワーなどを置いて最低限、猫が上下運動できるようにはしてあげましょう。
そして、一人暮らしの場合はお留守番が多くなりがちなので、帰ってきたら存分にスキンシップをしてあげます。
昼も一人、飼い主さんが帰ってきてもぐったり疲れて相手もしてくれないでは猫もさみしくてストレスがたまっちゃいますよね。
猫に愛情があれば一人暮らしでも1ルームでも猫は飼えるし快適に暮らせるのではないでしょうか。

まとめ

猫にとっても人間にとっても快適、それはお日様がふりそそぎ、風通しのよいお部屋です。完全室内飼いでも、窓から道行く人を眺めたり、自然の空気を感じたりとできれば最高ですね。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
つくちゃん

つくちゃん

動物が好きで子供の頃から犬や猫と暮らし、大人になったら「ムツゴロウ王国」に住むのが夢でした。結婚してからは王国暮らしではありませんが、常に猫数匹とまみれる生活です。

-猫との暮らし

Copyright© にゃんてな | 猫ブログ , 2020 All Rights Reserved.